FC2ブログ
 

ブログで健康をめざせ!

血液をサラサラに!その2

慢性疾患の改善のために

1、魚介類で血液をサラサラに

血液をサラサラにするためには、魚からEPAとDHAを
合わせて1日1,000ミリグラム程度摂取することが望ましいと
言われています。

旬の魚は脂肪がのっていて、EPAやDHAの量が多く含まれています。

魚はその意味で望ましい食品です。

魚の効果は1日持続するので、1日1回以上食べることが望ましい

といえます。

2.野菜で血液サラサラに

野菜の上澄み液には、血小板凝集抑制効果(血小板が固まるのを防ぐ効果)があります。

ただし、ほうれん草や納豆などを多く取りすぎると、抗凝血剤の働きを阻害する可能性があります。

薬で治療中の人は医師に相談することが必要です。

野菜の効果は7時間程度で無くなってしまいますので、毎食野菜を取るようにしましょう。

PageTop

血液をサラサラに!

慢性の疾患を持つ人の養生は大変に重要です。

その中に、血液をサラサラに保つことがあります。

血液をサラサラにするためには、二つの事柄に気をつける

必要があります。

1.血液を濃くしないこと

つまり、十分に水分を補給することです。

場合によっては、体の組織にとって酸素が供給されず、

危険な状態になることもあります。

特に、運動時、暑い時など

十分に水分を補給することが必要です。

年寄りになるとノドの渇く感覚が鈍ってきますので注意が必要です。

また、加齢やタバコの吸い過ぎによっても赤血球が増えて、血

液が濃くなります。

2.赤血球を硬くしないこと

血液中の糖分や脂肪が高い状態が長く続くと、

糖やタンパクが血球に付着し血液が硬くなることがあります。

これは急に起こるものでも、急に治るものでもありません。

コレステロール値や血糖値が普段から高めの人は注意が必要です。


PageTop

始めの一歩!

今日から、Blogを書いていきます。

色々な経験を元に、誰かのお役に立てば、

皆が幸せに!をコンセプトに、

気儘に書き綴って行きます。

皆さんよろしく!

PageTop