ブログで健康をめざせ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

発ガンの原因を避ける生活

発ガンの原因を避ける生活

1.原因は喫煙

がんの原因の3分の1は喫煙にあるというのが、
多くのがん研究の専門家の見解です。

たばこのタールや排ガスに含まれるベンツピレンなどが、
発がんの引き金になる因子(発がん因子)になります。

2.原因は食事・環境

食事も原因の3分の1を占めているとみられています。
肉や魚を焼いたときにできるたんばく質の焼け焦げに含まれるヘテロサイクリックアミンなどが、発がんの引き金になる因子(発がん因子)の代表といえます。

また、紫外線や放射線も発がん因子となります。
さらに、肉食に偏った食習慣、動物性脂肪や塩分の摂りすぎ、
過剰なストレスは発がん促進因子となります。

たばこを止めると、日本の医療費の負担が激減すると言われています。

スポンサーサイト

PageTop

慢性疾患の対策

1.食物繊維とは

便秘に効く:大腸内で未消化の食物繊維が便の量を増やし、腸壁を刺激することから便通を良くします。
 
 また、食物繊維は消化吸収されないために、腹持ちが良いため、過食を避けることが出来ます。

 食物繊維に結合している鉄やカルシュウムなどが小腸で吸収されやすい。

 有用なビフィズス菌を増やすということも分かっています。

2.食物繊維をとりましょう!
 日本人の食物繊維の摂取量は、60歳以上で平均1日当たり11g、若年成人で約8gしかとっていません。

 1日に必要とされる量は、20~25gといわれています。
なんと1日に必要とされる量の半分も摂取できていないことになります。

PageTop

超悪玉コレステロールを減らそう!

1.血管壁に入り込み動脈硬化をおこす超悪玉コレステロール

LDL(低比重リポたんぱく)は、細胞膜などの材料となるコレステロールを、全身に運ぶ役割の粒子です。

しかし、LDLが増えすぎると動脈硬化を引き起こす原因となるため、「悪玉」とも呼ばれています。「超悪玉」とは、”小型LDL”のことです。

LDLよりサイズが小さく、血管壁に入り込みやすい特徴を持っています。

2.酸化しやすく動脈硬化を進める超悪玉コレステロール

超悪玉は肝臓にとりこまれにくい性質があるため、悪玉よりも長い間、血液中にとどまります。

 そのため血管壁に侵入し、動脈硬化の直接の原因となる「酸化LDL」に変化します。

 血液中の超悪玉の割合が多い人は、生活習慣病におこしやすいことがわかっています。

PageTop

運動と食事で体脂肪を減らす!

1.体脂肪って 何?

肥満とは、正確に言いますと「体重に占める脂肪の割合が多い」ことを指します。

 ですから、体重が多くても筋肉で重い場合は、必ずしも肥満とはいえません。
 
 体重を構成するものは、体脂肪と、筋肉・骨・内臓の重量の総和である除脂肪に分けられます。

 減量とは、除脂肪の中の特に筋肉量を落とすことなく体脂肪を落とすことです。

2.望ましい減量は運動と食事で!

 食事制限だけによる減量では、体脂肪は落ちるのですが同時に筋肉量も減少してしまいます。

 しかも、体脂肪の減少は、体重の減少に比べて少ないのが実情です。

 これに対して、食事制限に運動を加えた減量では、筋肉の減少を防ぎ、逆に筋肉量を増やすことが可能です。

PageTop

血液をサラサラに!その2

慢性疾患の改善のために

1、魚介類で血液をサラサラに

血液をサラサラにするためには、魚からEPAとDHAを
合わせて1日1,000ミリグラム程度摂取することが望ましいと
言われています。

旬の魚は脂肪がのっていて、EPAやDHAの量が多く含まれています。

魚はその意味で望ましい食品です。

魚の効果は1日持続するので、1日1回以上食べることが望ましい

といえます。

2.野菜で血液サラサラに

野菜の上澄み液には、血小板凝集抑制効果(血小板が固まるのを防ぐ効果)があります。

ただし、ほうれん草や納豆などを多く取りすぎると、抗凝血剤の働きを阻害する可能性があります。

薬で治療中の人は医師に相談することが必要です。

野菜の効果は7時間程度で無くなってしまいますので、毎食野菜を取るようにしましょう。

PageTop

血液をサラサラに!

慢性の疾患を持つ人の養生は大変に重要です。

その中に、血液をサラサラに保つことがあります。

血液をサラサラにするためには、二つの事柄に気をつける

必要があります。

1.血液を濃くしないこと

つまり、十分に水分を補給することです。

場合によっては、体の組織にとって酸素が供給されず、

危険な状態になることもあります。

特に、運動時、暑い時など

十分に水分を補給することが必要です。

年寄りになるとノドの渇く感覚が鈍ってきますので注意が必要です。

また、加齢やタバコの吸い過ぎによっても赤血球が増えて、血

液が濃くなります。

2.赤血球を硬くしないこと

血液中の糖分や脂肪が高い状態が長く続くと、

糖やタンパクが血球に付着し血液が硬くなることがあります。

これは急に起こるものでも、急に治るものでもありません。

コレステロール値や血糖値が普段から高めの人は注意が必要です。


PageTop

始めの一歩!

今日から、Blogを書いていきます。

色々な経験を元に、誰かのお役に立てば、

皆が幸せに!をコンセプトに、

気儘に書き綴って行きます。

皆さんよろしく!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。